【腹筋を割る絶対的ポイント】○○を動かせば筋トレ効果倍!!

腹筋を割る-ポイント-筋トレ-効果

僕が出場しているフィジークやベストボディでは、腹筋がかなり重要なポイント。

 

なので・・・
とにかく腹筋をバキバキに仕上げる事に全てを注いでます。

 

僕のようにコンテストは目指していないけど・・・

1度は6つに腹筋を割りたい!!

 

・・・と誰もが思うんじゃないでしょうか( `ー´)ノ

 

コンテスト仕様レベルは確かにキツイですが、
一般的にスゴイ!というレベルなら誰でも割れます!

 

今回は・・・

【腹筋を割る絶対的ポイント】○○を動かせば効果倍!!

腹筋の効果を倍増させるマル秘テクを公開していきます。

スポンサーリンク




腹筋を割るための2つの原則

腹筋を割る ポイント 筋トレ 効果
 

お腹って脂肪がつきやすいし、落ちにくいですよね。

 

よく言われる例が、
脂肪は生きる上での貯蔵エネルギーだから最後まで使われない。。。

 

人間が食べものに困っていた原始時代の遺伝子が、
余剰カロリーを脂肪として身体にため込んでいて・・・

 

身体の中心であるお腹に溜める事で、
ある程度動きやすい状態をキープできる。

 

そして、その生存防衛システムが
今も残っているなんて言われています。

 

どんだけ長い間インプットされてるねん!

 

っていうぐらい・・・
強烈な防衛本当として脂肪貯蔵タンクがお腹に入っているんです。

 

生きるために必要なエネルギー確保ですから、
カラダ的には最優先で守りたいんでしょうね。

 

なので、現代の何でも手に入る時代で身体をつくるのは・・・

 

まさに防衛本能との戦いなんです。

 

そして脂肪の貯蔵タンクである腹筋を割るには、
大きく2つの方法があります。

 

腹を割る絶対的な2つの方法

①腹筋が見えるまで脂肪を落とす(減量)
②腹筋が見えるように筋肉で厚みをつける(増量)
 

①腹筋が見えるまで脂肪を落とす(減量)

まずベーシックな方法として減量して、
腹部の脂肪を落として腹筋が見えるまで絞っていく方法があります。

当たり前の事言ってますが・・・(笑)

 

でも、意外な落とし穴が隠れていますよ^^)

 

それは・・・

 

その脂肪が乗った状態で

腹筋してもお腹は割れないってコト。

 

大前提として脂肪が乗っていると、
いくら腹筋してもお腹は割れません!!

 

体脂肪率が18%以上あるなら、
腹筋よりも大筋群をもっと鍛えた方が良いです。

 

詳しくは過去記事をご覧ください↓↓

 

▼▼▼腹筋を割る最強の筋トレ▼▼▼

 

体脂肪率が高い方はまず減量!!

正しい筋トレ×食事で腹筋は確実に割れてきます。

②腹筋が見えるように筋肉で厚みをつける(増量)

もし体脂肪率が低い(15%以下)のに腹筋が割れていないなら、
腹筋の厚みをつけるべきです。

 

脂肪が少ないとお腹は自然に割れてきますが、
そもそも筋肉が少ないと割れるまでに時間がかかります。。。

 

その場合は一旦筋肉をつけるために、
バルクアップさせた方が良いですね。

 

目安としては体脂肪が10~15%以下なのに、
腹筋が割れていないならバルクアップです。

 

後で減量が大変なので・・・
おススメは1ヶ月で2㎏までの増量に抑えましょう。

 

腹筋を割る絶対的ポイントは●●の使い方!

腹筋を割る ポイント 筋トレ 効果
減量も増量も腹筋する絶対的なポイントがあります。

腹筋運動をする上での外せない必殺技とも言えますね!

 

それは・・・

骨盤の動かし方です!!

 

腹筋は骨盤に付着しているので、
骨盤の動かし方次第で効果が全然変わってきます。

 
押さえたい骨盤の2つの動き
①骨盤前傾
②骨盤後傾
 
  • ①骨盤前傾

 

腰を反らした状態です。

腰を反らすと骨盤が前に傾きます。

 

腹筋の状態は・・・
ストレッチがかかって伸ばされた状態ですね。

 

つまり骨盤前傾だと腹筋は伸長位になります。

 
  • ②骨盤後傾

後傾位は逆に腰を丸めた状態です。

腰を丸めると骨盤は後傾します。

 

腹筋の状態は・・・
ギュッと縮められた状態です。

 

つまり骨盤後傾位だと腹筋は収縮します(^^)

スポンサーリンク


腹筋を割る必殺技!収縮伸長を骨盤でコントロール


 

腹筋を割るなら伸長と収縮を意識した腹筋運動がマストです!

これが意識できると効き方が全然違いますよ。

 

ちょっと難しい方は過去記事でも詳しくお話しています↓↓

コチラも読んでみて下さいね(^^)/

 

▼▼▼筋トレ効果倍!ネガティブ&ポジティブとは??▼▼▼

 

さらに・・・

 

この骨盤の動かし方をマスターすれば、

腹筋以外の筋トレもどんどん上達します!!

 

筋トレが正しいやり方かどうかは、
解剖学的に正しいかどうかで決まります。

 

初心者には難しい内容も多いのが実際なので、
出来ればプロに指導を受けた方が明らかに身体が変わりますよ。

 

まとめ

腹筋は骨盤の動かし方で決まります!

 

ホントに効き方が全然違うので、

骨盤の前傾後傾は動きの練習をしてみて下さいね。

 

特に筋トレは間違うと効果が出ないだけでなく、

ケガのリスクも高まるので最初に正しい方法でやる事が大事です。

スポンサーリンク


追伸

Twitterでは今すぐ使えるダイエット食事法や筋トレをリアルタイムで配信してます!こちらもフォローお願いします!

twitterフォローはコチラ

 

Naddy
もっと深く知りたい人はメルマガにも登録してみて下さい。ブログでは書いていない一歩踏み込んだ内容を配信してます。


 

さらに、メルマガ登録者だけのスペシャルオファーを用意しました!

プロが知られたくない裏話はメルマガでどうぞ。

 


>>今すぐメルマガを読む<<

 

■Naddyからお知らせ

 

LINE友達申請はじめました(^^)/

lineでも筋トレや食事について相談を受けていますので、お気軽に
コチラも申請してくださいね^^

 

 ⇒ LINE友達申請はコチラ

友だち追加

 

記事が参考になれば下記リンクからクリックしていただけると有難いです。


人気ブログランキングへ↑


サイト運営者:NADDY

サイト運営者:NADDY

某フィットネスクラブでチーフトレーナーとして勤務していました。現在はIT系企業にてプログラミングやWEBマーケティングの仕事をしています。現在も競技としてフィジークコンテストに出場しています。

SNSフォロー

Lineで何でも相談OKです!

友だち追加

クリックで登録できない方は↓↓
LINEを起動 → 友だち追加 → ID/電話番号 → @big-maccho

登録者だけの限定特典をゲット!

メルマガ登録

メルマガ登録は画像をクリック!

Twitter更新中!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です