【自宅で細マッチョになる方法】筋トレプロが教える最速ダイエット!

細マッチョって言い方はあんまり好きじゃないです。

というのも・・・

 

マッチョ=デカい

 

そんな意味が含まれるので『細くてデカい』って違和感があります。

 

でも僕もマッチョ目指して筋トレしてますが、

ダイエットして身体が絞れると結局細くなっちゃいます。

 


 

やっぱり細マッチョですねw

 

今回はそんな細マッチョによる・・・

 

自宅で細マッチョになる方法!

筋トレプロが教える最速ダイエット法

 

では、さっそくどうぞ!

スポンサーリンク




細マッチョボディは自宅で手に入る!

細マッチョ 自宅 筋トレ ダイエット
 

 

筋トレして『デカくなったなー』と思っても、

やっぱり絞ると『全然筋肉細いな・・・』と毎年思いますね。

 

これはどんな筋トレ好きでもそうじゃないかと思いますが、

周りからマッチョと言われても自分では納得できないもの。

 

実際、自分よりもスゴイ筋肉の人が山ほどいるので、

いつまでたっても細マッチョの枠から出られてないですねw

 

フィジークやベストボディの会場でも、

出場選手と話すと全く同じ会話になります。

 

みんなバキバキなのに『絞りが甘い』とか、

『細いから筋肉がもっと欲しい』って話ばかり出ますねw

 

一般的に見ればマッチョ、

でも鍛えてる自分から見ると細い・・・

 

この感覚は筋トレ始めるとみんなが通る道でしょう。

 

そんな経験をしてきたから分かりますが・・・

 

細マッチョは誰でもなれます!

 

そして、

 

自宅の筋トレで細マッチョはつくれる!

 

余計な脂肪さえと落とせば、

身体が絞れて隠れた筋肉が見えてくるからです。

 

その脂肪を落とすには筋トレが最強のダイエット方法です。

 

 

太っている人ほど細マッチョになれる理由

細マッチョ 自宅 筋トレ ダイエット
 

細マッチョを目指すなら筋トレして、

必要な筋肉をつくりながら脂肪を落とす必要があります。

 

細マッチョに誰でもなれる理由は、

最低限の筋肉はすでにみんな持っているからです。

 

普通に生活できるレベルの肉体であれば、

絞れば勝手に細マッチョになります。

 

体脂肪率が低いと、

隠れている筋肉が表れて見えるようになる。

 

筋肉のカットやラインが見えるようにするには、

12%以下くらいの体脂肪率に持ってくる必要があります。

 

腹筋の厚さがある人なら、

12%前後でも6パックが浮かんでいるはずです。

 

僕も15%前後まで脂肪がついても何とか腹筋は割れています。

 

この腹筋の見え方については筋量によって違うので、

実際に絞ってみないとわからないんですが・・・

 

実は、

 

太っている人の方が細マッチョになりやすい!!

 

太っている人ほど痩せやすい可能性を秘めています。

 

その理由は筋量の大きさ。

 

僕も昔肥満でしたので自信をもって言えますが、

 

身体が大きな人ほど、隠れている筋肉もデカいからです。

 

持っている筋肉が大きいほど、

その筋肉が見えてくるスピードも早くなります。

 

さらに筋量が多いほど基礎代謝も高いので、

食事さえ正しく制限すれば圧倒速さでダイエットできます。

スポンサーリンク


自宅で細マッチョをつくる2つの方法

細マッチョをつくるポイント
  • 無駄な脂肪を落とす
  • 隠れている筋肉を表面に出す
 

この2点をクリアするためには筋トレは必須です。

 

細マッチョへの道のりに筋トレは欠かせません。

 

というか、筋トレせずに細マッチョは難しいです。

 

筋トレしないダイエットはガリガリになるリスク大!

 

 

>>筋トレしないダイエットが痩せない理由<<

 

 

そして・・・

 

筋トレは自宅でも十分に効果を出せます!

 

 

ジムに行かずとも家トレでも十分に筋トレできます。

 

僕はジムで勤務しているトレーナーですが、

自宅トレーニングをガンガンやっています。

 

長所短所はありますが、

ビジネスマンには自宅トレは超メリットあります。

 

>>自宅トレがジム以上に効果が出る理由<<

 

それに、ダンベルとベンチがあれば、

ジムで出来る筋トレはほとんどカバーできるんです。

 

ダンベルとベンチがあれば自宅でジム並みに筋トレできる

実際に僕も未だに自宅で筋トレしてます。

最近は家トレ用にパワーブロックを導入してガンガン筋トレしてます。


パワーブロックがあれば家でもジム並みにダンベルトレーニングできるので超おススメです。

 

パワーブロックはピンで重さを自由に買えられるダンベルです。2kg~40㎏くらいまで可変できる超スグレモノ。

正規品以外だと故障しやすいと良く聞きますので、値は張りますが品質保証されている公式品を購入する事とおススメします。

家ですから絶対に落したくないので、使用中の故障は最悪です。僕は数年前に買ったので旧型ですが正規品を購入しました。

 



 

自宅トレおススメは可変式ダンベル!性能もコスパも良い



パワーブロックはジムでも置いてたりする製品なので、家庭用にしては値段が高めです。。。

そこで、ホームトレーニング用におススメなダンベルがアジャスタブルダンベル。

ダイアルを回すと即重量を変更できるので、パワーブロックよりも簡単に重量変更できます。かなりスムーズに重量変えられますね!




 

しかも価格もパワーブロック(約6万)と比較すると、半額以下で購入できてかなりお得です!



重量変更もスムーズで、価格も安い。

自宅にダンベルを検討しているなら、まずはアジャスタブルダンベルで間違いないと思います!

片方40㎏の高重量タイプも販売されたので、中級者以上も満足できる仕様になってますよ。

かなり人気商品で40㎏セットは欠品中になる事も多いです。詳しい在庫状況は公式サイトからチェックしてみて下さい。


 

あとは、ベンチがあればジム行かなくても十分筋トレできますよ。

ちなみに僕が使っているベンチはコチラ↓

 

僕はパワーブロックを購入したのでお金をかけすぎて、ベンチはケチってしまいました泣

ただ耐荷重260㎏までOKなので割と頑丈です。使用感も安定していて今のところ全然問題ないです!

 

さらに家なら周りの目も気にせず、移動時間もかけずにダイエット最適な種目をベストな順序で行えます。

なので、僕は筋トレ歴10年以上ですが家トレだけでも全然カラダは進化していってます。

 

今年が過去最高のコンディションでしたし、コンテスト入賞成績も過去最高でした(^^)/

ダイエット 水抜き 塩抜き 効果 意味ない
 

正しい筋トレ×食事で間違いなく身体は変わります。

それは良いジムに行っているとか、高級なサプリメントを飲んでいるとかではありません。

 

そのダイエット方法が・・・

 

正しいか?間違っているか?

 

これだけです。

 

なので自宅だろうが、ジムだろうが効果を出す人は効果を出せる!

 

今年ダイエットをスタートさせるなら、

正しい方法でカッコよく痩せましょう。

 

そのために筋トレは確実に正しく行う事です。

 

正しい努力なら身体は間違いなく変わりますよ(^^)/

 

まとめ

細マッチョを手に入れる方法は2つ
  • 無駄な脂肪を落とす
  • 隠れている筋肉を表面に出す
 

そして身体を絞るには筋トレが最高のダイエットです。

忙しいビジネスマンでも自宅トレなら、隙間時間で筋トレ出来ますよ。

それだけでも細マッチョなら誰でも手に入ります!

筋トレしていないダイエッターは今すぐ始めましょう。

筋トレしないダイエットはスタイル保てないですよ。

 

スポンサーリンク


追伸

Twitterでは今すぐ使えるダイエット食事法や筋トレをリアルタイムで配信してます!こちらもフォローお願いします!

twitterフォローはコチラ

 

Naddy
もっと深く知りたい人はメルマガにも登録してみて下さい。ブログでは書いていない一歩踏み込んだ内容を配信してます。


 

さらに、メルマガ登録者だけのスペシャルオファーを用意しました!

プロが知られたくない裏話はメルマガでどうぞ。

 


>>今すぐメルマガを読む<<

 

■Naddyからお知らせ

 

LINE友達申請はじめました(^^)/

lineでも筋トレや食事について相談を受けていますので、お気軽に
コチラも申請してくださいね^^

 

 ⇒ LINE友達申請はコチラ

友だち追加

 

記事が参考になれば下記リンクからクリックしていただけると有難いです。


人気ブログランキングへ↑


サイト運営者:NADDY

サイト運営者:NADDY

某フィットネスクラブでチーフトレーナーとして勤務していました。現在はIT系企業にてプログラミングやWEBマーケティングの仕事をしています。現在も競技としてフィジークコンテストに出場しています。

SNSフォロー

Lineで何でも相談OKです!

友だち追加

クリックで登録できない方は↓↓
LINEを起動 → 友だち追加 → ID/電話番号 → @big-maccho

登録者だけの限定特典をゲット!

メルマガ登録

メルマガ登録は画像をクリック!

Twitter更新中!

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です